【これって怪しい?】浮気調査でトラブルにならないために気をつけることとは

個人的に調査してもなかなか証拠が見つからなかったり、調査に使えるような道具がなかったりして上手くいかないことが多い浮気調査ですが、そんな浮気調査を探偵事務所などのプロの方に依頼しようと考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにプロは調査に使用する道具も多く、これまでの豊富な経験によって、調査が成功する確率も高くなります。しかし、探偵のことをよく知らずに依頼するとトラブルに巻き込まれてしまうことも少なくありません。

そこで、今回は探偵に浮気調査を依頼するときにトラブルになりやすいパターンをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

浮気調査でトラブルってあるの?

shutterstock_580048861

そもそも、浮気調査にトラブルなんて存在するのかと疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。しかし、どのような業界でも少なからずトラブルは存在しています。

プロ意識を持ってしっかりと活動をしているような事務所であればそのようなことにはならないかと思いますが、中にはお金儲けだけを考えた悪い商売をするような事務所もあるため、依頼をする際にも油断はできないということです。

浮気調査によるトラブルのパターンを知ることによって、自らが巻き込まれてしまうのを未然に防げるようにしましょう。

浮気調査のトラブルパターンって?

浮気調査でトラブルが起こるといっても、どのようなトラブルが起こるのかを知らないと未然に防ぐことができませんよね。

ここからは浮気調査で起こりやすいトラブルのパターンをご紹介いたします。どのような場合にトラブルに繋がりやすいのかをしっかりと把握できるようになりましょう。

料金トラブル

shutterstock_250583767

料金トラブルにも様々なパターンがあります。「調査後に急に追加費用がかかってしまった」などといって料金を請求してくるケースの他、そもそもの請求金額が高いというケースなどが多くみられます。

そのため料金トラブルに巻き込まれないようにするためには、まず追加費用についてしっかりと事前に確認をしておくことが大切です。

「追加費用が一切かからない」などと口だけで言っていても、「そんなことは言っていない」と言われてしまえば終わりです。口頭で聞くだけでなく、契約書などに書いてあるかも併せてチェックすると良いでしょう。

契約内容に関するトラブル

shutterstock_488117365

探偵事務所に浮気調査を依頼するときに必ず交わすのが契約書です。しかし、その契約書に書かれている内容についてもトラブルになる可能性があります。

契約書を隅々まで読んでおかなければ気づかないような、こちらにとって不利なキャンセルについてのことや、追加料金のことについても記載されている場合があります。安易にサインをしてしまうと「契約書にはそうやって書いてあるはずだ」と言われてしまいます。

そのようになってしまわないように契約内容はじっくりと時間をかけて読むようにして、内容を把握するようにしておきましょう。

調査結果に関するトラブル

shutterstock_124265104

調査の結果が出てから調査報告書というものを受け取ります。しかし、その報告書の内容が適当で、日付が書かれていなかったり、証拠の写真がしっかりと撮れていなかったりすると、浮気の証拠として扱うことができなくなってしまい、後のトラブルに繋がります。

調査結果を受け取った後にしっかりと確認して、写真がぶれていない、報告書の内容が適当でない、ということを確認するというようなことが必要となります。

事前に訂正を申し出ていればトラブルになる前に修正してもらうことができます。少々面倒かとは思いますが隅々まで目を通すようにしておきましょう。

調査に関するトラブル

shutterstock_1054550453

前述の通り、調査報告書が適当であるとトラブルに繋がります。そして、その調査結果のトラブルを引き起こす原因としては「調査方法の適当さ」であったり、「調査員がプロではなくアルバイト」という場合があります。

調査員がプロではないというのはなかなか見抜くことができません。しかし調査方法に関しては、事前にどのような機材を使用するのかや、過去の調査事例を見せてもらうなどで確認することが可能です。

そのため、調査前の無料相談等の段階で、調査に関する資料はしっかりと確認させてもらうようにしておきましょう。

トラブルを防ぐには?怪しい探偵の見極め方

探偵事務所は数多く存在していますが、中にはお金儲けだけを目的をした悪質な探偵事務所も存在しています。もちろん、そのような探偵事務所に依頼をしてしまうと、トラブルを引き起こしやすくなってしまうのは想像がつきますよね。

しかし「どのような探偵事務所が怪しいのか」を見分けるのは知識がないと難しいことでしょう。

ここからはそのような悪徳な業者に引っかかってしまわないよう、怪しい探偵の見分け方をご紹介いたします。以下でご紹介することに注意して探偵に依頼しましょう。

口コミがほとんどない

shutterstock_129038348

まず口コミがほとんどないような探偵事務所は依頼が少ない=信用がない、という証拠。何らかの理由でお客様の信頼を得ることができていない可能性が高いと言えます。

インターネット上の情報では信用できないものも多いかと思いますが、口コミの数が少なすぎる=利用者が少ない、という証拠であり、怪しい可能性があります。

そのため口コミの少ない探偵事務所はなるべく選ばないようにし、しっかりと利用者のいるような事務所を選んで依頼しましょう。

大手が運営していない

shutterstock_174761495

大手の会社が運営している事務所は信用できる可能性がとても高いです。一方、個人経営などの事務所の場合、信頼という面では少々劣る上、悪徳な場所が多いというのも事実です。

そのため、事務所の運営元をしっかりと確認することは大切となってきます。もちろん個人事務所でも信頼できる事務所はあります。「家から近い」等の理由でそこに依頼したい場合には、事前にその事務所の実績や口コミをしっかりと確認し、どのような事務所なのかを確認しておきましょう。

やはり大手であれば大手の名前を名乗る以上ヘタな真似はできませんし、対応も丁寧なことが多いです。トラブルを引き起こさないためには業界大手の探偵事務所を選ぶことが無難です。

実績がない

shutterstock_763054894

依頼をする際には「この事務所は今までどのような依頼をこなしてきたのか」という実績を見るかと思います。実績のない事務所はなるべく避けるようにしましょう。

実績がないと依頼をする前に過去の資料を見せてもらうこともできなくなってしまい、どのような調査をするかわかりません。また、その事務所自身に何か怪しい点があって依頼がない、という可能性も疑うことができますね。

そのため、なるべく実績のある方々に依頼をすることがトラブルを避けることに繋がります。

契約がおざなり

shutterstock_786962275

浮気調査を実際に依頼する際には、「どのくらいの期間」「どのような内容で調査をするのか」等のことが書かれた契約書を交わすことになります。そして、その契約を交わす際に「早く契約してくれ」などと急かす探偵事務所があります。

そのような探偵事務所は、「なるべく早く契約をさせて儲けたい」と考えている可能性が高いです。キャンセル料や追加費用などの依頼者にとって重要な部分を読む前に契約を終わらせ、後々に言い訳ができないように誘導してきていると疑って良いでしょう。

よって、「調査を早く始めないといけない」などと言って不安を煽り、早めに契約を結ばせようとする事務所は要注意です。どれだけ急かされても「費用面について一旦考える」と時間をもらって断るようにすることでトラブルを防げます。

あまりにも料金が安すぎる

shutterstock_1077423647-1

浮気調査の料金は数十万〜数百万に及ぶこともあり、なるべく安く抑えたいという方もいらっしゃるかと思います。しかし、明らかに同業他社と比べて料金が安すぎる場合、怪しい探偵事務所である可能性を疑います。

料金が安い原因として、どこかで費用がカットされている、または、後々に高い料金を請求されてしまう、というリスクが考えられます。費用がカットされている場合、その背景には調査に使用する機材がとても安くて粗悪なものだったり、調査員がアルバイト等の可能性があるでしょう。

後々に高い料金を請求されるというケースでは、はじめに提示した基本的な料金は安いけれど、あとで調査に使った経費として高額な請求をされるというものです。契約書に追加費用がないかを確認することで未然に防ぐことができます。

事務所の住所がない

shutterstock_755175853-e1539079562999

中には事業を営みお金をもらっているのにも関わらず、事業所の住所を書かずに経営をしているような事務所もあります。当然ですがそのような探偵事務所に依頼をすることは避けましょう。

住所がないということは今後トラブルになってしまった際にどこにいるか所在がわかりません。責任の追及から逃げられるようにしているという可能性が高いです。

そのため、事務所の住所がわからなかったり、事務所で面談をしてもらえないといったような状況になった場合には要注意です。依頼を取りやめ、他の探偵事務所に依頼をすることをおすすめします。

トラブルにあったら?解決策について

様々なポイントをご説明しましたが、それでもトラブルにあってしまうということもございます。

予期せぬトラブルになってしまった場合には、どのようにして解決すれば良いのかわからずパニックになってしまう…という方も少なからずいらっしゃるでしょう。

そのような方のために、トラブルにあってしまった際にどのようにして対処していけば良いのかをご説明いたします。ぜひ頭の片隅にでも入れておいてください。

国民生活センターに相談する

shutterstock_603284075

国民生活センターは商品やサービスに対しての不満等に対して相談をすることができ、相談できる内容にはもちろん探偵も入っております。

そのため「自分で探偵事務所に異議を申し立てに行くのは怖い」「両者で言い合いになってしまって話にならない」という場合には、国民生活センターに間に入ってもらうことで最適なアドバイスや効果的な対処を行ってもらうことができます。

トラブルに巻き込まれてしまった場合にはまず国民生活センターに相談しましょう。どのような行動を取れば良いかアドバイスを受けると一度冷静になる時間も作れます。また、最適な対処法を教えてもらえるので助かります。

業界団体に相談する

shutterstock_1066849604

国民生活センター以外にも探偵が加盟している団体や協会があり、それらの団体にトラブルの内容について話を聞いてもらうという手段もあります。

話を聞いてもらうだけでなくトラブルに対応してもらい、代わりにトラブルの解決に動いてくれるという場合もあります。トラブルになっている探偵事務所がどこの団体に所属しているのかを調べましょう。

中には「どこの団体・協会にも所属していない」「所属はしていたが所属団体がトラブルに対応してくれない」という場合もあります。そのような場合には国民生活センターに依頼するようにしてみてください。

弁護士に相談する

shutterstock_319460705

「国民生活センターや業界団体に相談して対処をしてもらったが、解決することができなかった」という場合には、弁護士に相談をすることで解決を目指しましょう。

弁護士の方に相談することで法的措置を取ることができますし、解決に役立つ知識を教えてくれることもあります。様々な対処法をとってもトラブルが解決できなかった際には、ぜひ一度相談してみてください。

法律に関する豊富な知識と正当な方法によってトラブルに対処してくれるのでとても有効ですよ。

まとめ

様々なトラブルについてご紹介いたしましたが、これは一例にすぎず、まだまだ様々なトラブルが存在しています。

契約の段階でまずはしっかりと内容を確認しておきましょう。あまりにも料金が安いなど、明らかに怪しいのではないかというところには、無料相談であっても警戒が必要です。

上記でご説明したような「トラブルの起こりやすい怪しい探偵の見分け方」を把握しておくことで、トラブルに巻き込まれるリスクを下げることができます。ぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です