【相場は?】浮気で離婚する時の慰謝料はどのくらいもらえる?

自分の恋人に浮気をされ離婚を視野に入れているという方の多くは、浮気をされたからタダでは別れたくないと考えるのが当たり前の世の中になってきました。

そんな方の多くは腹いせに慰謝料を請求し、相手から今後の生活資金となるお金を貰えると考えるからですよね。”腹いせに”と記述していますが、正当な理由かつ、傷ついたご自身の心の拠り所となる唯一の制裁でもあり、当然の結果とも言えますよね。

しかし、慰謝料を請求すると言ってもどのようなことをして、どのくらいの金額を貰えるのかが分からないという方がほとんどです。そんな方のために今回は、浮気による離婚の慰謝料の相場とはどのくらいなのかをご紹介していきます。

配偶者の浮気で離婚する際の流れ

まず、慰謝料を請求する前に離婚を考えているという方は、離婚についての流れを知っておく必要があります。配偶者の浮気で離婚をする場合の流れについてご説明していきます。

下記の流れに沿って離婚の準備を進めていくと、とてもスムーズにことが運ぶかと思いますので、参考にしてみてください。

浮気の証拠を集める

スクリーンショット 2019-08-27 12.29.39

まず離婚をする際に大切となってくるのが浮気の証拠を集めることです。当然ですが、証拠がなければ慰謝料をもらうどころか、浮気を認めてもらうことすらできない可能性もあります。

そのため自分で恋人のプライバシーを侵害しない程度に浮気の調査をしていくか、探偵事務所に浮気調査の依頼をしてプロの方に浮気の証拠を集めてもらうのが良いでしょう。

探偵に依頼するのが確実な方法ではありますが、その分料金がかかってしまいますし、決して安い料金ではないので慎重に判断して依頼を検討しましょう。

話し合い

悩む男女

浮気の証拠も揃った時点で次には恋人と離婚をするのか、しないのかという話し合いをする必要が出てきます。

向こうが浮気をしていたとしても自分は許せるということであれば、離婚をするという道にはなりませんので、今後の動きについても変わってきます。

しかし、離婚以外考えていないという方はその後、離婚に関して様々な方法がありますので以下をご覧ください。

協議離婚

埼玉県の浮気調査

話し合いで離婚を決める場合には、協議離婚という形で穏便に済まされるのですが、自分たちのみでは冷静に話し合うことができないという場合には、弁護士などの第三者を挟んで話し合いを進めることもできます。

離婚を決める際には慰謝料や財産分与、子供の親権、子供の養育費の支払いについて、子供との面会はどうするのかなど様々な決定事項がありますので、自分たちのみで離婚を決めるのではなく、弁護士の方など離婚について詳しい方を挟んで行うのが良いでしょう。

しっかりと上記の決定事項を取り決めをしておくことで、離婚した後にトラブルになりにくいので弁護士への相談も視野に入れておくと良いでしょう。

離婚調停

広島の浮気調査

協議離婚のような話し合いのみでの離婚の方式を取ろうとしたが、なかなか話が進まずお互いに譲らない状況となってしまった場合には裁判所の調停手続きを行い、裁判所の力を借りた上で離婚の手続きを進めていく方法もあります。

こちらは裁判官および調停委員という、両者のどちらとも関わりのない第三者に話を聞いてもらい、様々な提案を受けながら離婚を進めていきます。自分たちは顔を合わせることがほとんどないので激情することもなく冷静に話ができるのは大きなメリットです。

調停離婚で取り決められたことは裁判の判決と同様で強制力があるため、しっかりと取り決めを守らないといけなくなりますので、慰謝料をしっかりと受け取りたい場合には調停を行うと良いでしょう。

離婚裁判

スクリーンショット 2019-08-27 13.04.52

協議しても調停をしても話がまとまらず、どうしようもない状態になってしまったという場合には、家庭裁判所にて離婚裁判を起こすことができます。

こうなった場合、離婚をするには裁判所の判決によって離婚が成立するか、途中で当事者間で和解して離婚をするかになります。

不貞行為の事実や浮気を原因とする精神面への疾患が見られる場合、生死が3年以上不明となっている場合等の理由がある場合には、判決にて離婚をすることが可能になります。

このように話し合いだけではなく、裁判所にて離婚の判決をもらう方法を裁判離婚といいます。

慰謝料請求

shutterstock_209235607

離婚が決まった際には子供の親権や財産分与など、様々な決め事があると先ほどご説明致しましたが、とても重要なのは何と言っても慰謝料の請求ですよね。

慰謝料は離婚に至らなかった場合にも請求することができるので、浮気が発覚したが離婚はしないという方でも、釘を刺すという意味で慰謝料の請求をしても良いでしょう。

この慰謝料というのは被害者の受けた精神的な苦痛の度合いによって金額が増減しますので、どのくらいの金額がもらえるのかというものは明確に決まっていません。

当然ですが、心の傷が大きければ大きいほど慰謝料も高額になっていくという仕組みになっています。

浮気離婚の慰謝料の相場

浮気による離婚が決まった際の慰謝料の相場は基本的には100万円以上の金額を受け取れると考えて良いでしょう。一般的な金額としては100万〜300万円程度と言われており、離婚をしなかった場合には数十万円の場合もあります。

しかし、せっかく慰謝料をもらうのであれば、より多くの慰謝料をもらえるに越したことはありませんよね。

慰謝料請求には貰える金額が多くなるパターンと逆に貰える金額を減らされてしまうパターンがありますので、その点をしっかりとおさえて自分が受け取れる慰謝料の金額を増やせるようにしていきましょう。

慰謝料が増額される可能性がある場合

shutterstock_755088883

慰謝料が増額される可能性がある場合には様々なパターンがありますが、多い理由としては、

 

・浮気が長期間に渡るものであった

・夫婦仲が良く自分たちや周りに与える影響が大きかった

・子供に悪影響を与えてしまった

・浮気によって精神的な疾患を負ってしまった

・浮気の証拠が多く、罪が重い

・資産が多く支払い能力が高い

 

と上記のようなパターンが多い様です。

当然ですが、自分のパートナーや子供など家族に悪影響を与えてしまったようなパターンは、高額の慰謝料を請求される可能性が高くなるという事になります。

精神的な疾患を負うことがなかった場合には、浮気の証拠を揃えることが慰謝料を多くもらうための方法としてとても有効な手段となりそうですね。

慰謝料が減額される可能性がある場合

shutterstock_232844677

反対に慰謝料が減額されてしまうパターンも存在していて、例を挙げると

 

・相場にそぐわないような不当な金額の慰謝料を請求された

・不貞行為に及んだ回数が少なかった

・支払い能力が低い

・浮気をしたのは相手に誘われたから

 

と上記のようなケースである場合には慰謝料が減額される可能性があります。

相場にあっていない金額を要求されたり、支払い能力にあっていない金額を請求されたりする場合には、減額されるということが多くあるのは当然ですが、不貞行為回数によっても慰謝料の金額が減額されるようです。

こちらは法律に不倫という文字がなく、夫婦関係にあるものは他の者と不貞行為に及んではいけないという内容があるため、自分のパートナー以外と肉体関係を持った回数が慰謝料の請求に関係してくるということになります。

慰謝料を請求する際のポイント

shutterstock_189045062

慰謝料が増額されるパターンと減額されてしまうパターンが様々あるということはお分かり頂けたかと思います。その中で慰謝料を請求する際に注意しておきたいポイントをご説明いたします。

ポイントとしては、

・浮気を決定づける証拠をたくさん集めておく

・浮気が長期間であったことの証明

・浮気によって受けた被害の証明

・支払い能力を超えた金額を請求しない

上記のような点を注意していただければ、慰謝料を請求する際にとても有利となり、自分の望んだ金額を請求できる可能性や望んでいる以上の金額を請求できるチャンスが増えます。

そのため、ご紹介したポイントを頭の中に入れて慰謝料について相談するようにしておくと良いでしょう。

妻の浮気の場合はどうなるの?

shutterstock_603284075

妻が浮気をしていた場合にも慰謝料を請求することは可能で、こちらも妻の支払い能力に応じて金額が増減したりすることもありますが、慰謝料を請求できるという面では何も変わりません。

しかし、妻が専業主婦でお金を持っていないという場合には、妻の浮気相手に対して慰謝料を請求することができます。

この場合にも慰謝料の相場は大きく変動せず、平均で100万〜300万ほどとなっているので、より多くの慰謝料を請求する場合には妻の浮気相手に対して慰謝料を請求するようにすると良いと言えます。

子供がいる場合の養育費は?

shutterstock_580048861

離婚が決まった際に夫婦の間に子供がいる場合、慰謝料に加えて養育費を請求することが可能です。

養育費の請求金額も様々ですが、こちらも支払い能力に見合った金額の範囲内で請求しなければなりません。大体平均すると月々で3〜5万円くらいの金額を請求されることが多く、年齢が15歳を超えると平均額も2万円ほど高くなります。

しかし、養育費を受け取る側の収入が多いと養育費を受け取れる金額が減ってしまうこともありますので、前述した金額はあくまで目安としてお考えください。

慰謝料がもらえない場合

shutterstock_763054894

浮気による精神的苦痛で離婚を考えている方の中には、多額の慰謝料を取ってやろうと考えている方が多いと思いますが、中には慰謝料を受け取ることができないケースも存在しています。

例えば浮気の証拠をしっかりと集めずに離婚を提案し、そのまま離婚をしてしまうと調停や裁判になった際、浮気による精神的苦痛を受けていたということを立証できず、証拠不十分で慰謝料を請求することができなくなってしまうというパターンもあります。

そのために離婚をする際には焦らず、しっかりとした証拠を集めてから離婚をするという選択を取らなければ、後々に損をしてしまう事もあるので注意しておきましょう。

慰謝料をもらうために有効な証拠

前述した通り証拠が不十分のまま離婚をしてしまうと、被害を受けた側が結果的に損してしまう場合があります。

そのため、続いてはどのような証拠を用意したら良いのか説明していきます。

結婚相手のパートナーが最近怪しいな…と思っている方はこれらの項目を押さえておくと、万が一の時にもすぐに対応できるので前もって押さえておきましょう。

肉体関係を証明できる内容のメール

shutterstock_755175853-e1539079562999

不倫や浮気という定義が法律上にないということは、先ほどもご説明した通りですが、肉体関係を持っている場合には法的に裁くことが可能となっています。

そのため、自分のパートナーが浮気相手と肉体関係があったと思われる、メールやSNSでのやり取りは、発見したら自身のスマホでも良いので写真を撮って、証拠として残しておくようにしましょう。

2人の肉体関係を証明する写真

スクリーンショット 2019-08-27 13.11.23

2つ目に有効となるのが自分のパートナーと浮気相手が肉体関係にあったということを裏付ける写真です。

簡単な例は、ホテルに2人で入っていくような写真などはよく挙げられる証拠写真です。

当然性行為をしている写真があれば、それ以上の証拠はありませんが、そのような写真を撮ることはなかなかできないので、間接的に2人の肉体関係を証明できるような証拠があると有効です。

浮気を認めた録音

スクリーンショット 2019-08-27 13.58.00

自分のパートナーや浮気相手に対して「本当に浮気をしていたのか?」「肉体関係を持ったのか?」などと聞く際には必ず録音をしておきましょう。

第三者を挟んだ話し合いの時に、聞いていた話と違うことを言われ、逃げられてしまうこともありますので、浮気を認めた音声は必ずとっておく様にしましょう。また、証拠としても有効的なものになるので、質疑応答する際には必須と言えます。

ホテルの利用を決定づける領収書

スクリーンショット 2019-08-27 14.26.58

なかなか入れっぱなしの男性もいないと思いますが、ラブホテルを利用したという領収書が財布に入っていたり、偶然発見した場合には有効的な証拠となります。

ビジネスホテルの場合は少し効果が弱くなってしまいますが、ラブホテルの場合には男女で利用する施設なので、第三者の視点からでも疑えます。とても有効な証拠となりますので万が一見つけた場合はとっておきましょう。

探偵などに調査を依頼した際の報告書

shutterstock_786962275

浮気の証拠を手に入れる為に、探偵などに浮気調査を依頼するという方も多くいらっしゃいます。その時に証拠となる写真だけでなく、調査に関する報告書を受け取ることができます。

その報告書もプロの目線で作成されているものである為、浮気を証拠づけるには十分な証拠となります。報告書は慰謝料請求にも役立つため、探偵に依頼するという行為はとても有効的な手段と言えます。

まとめ

浮気によって慰謝料を請求する際には相場があり、場合によって金額が増減するということはお分かりいただけましたでしょうか?

また、現在離婚を考えていて慰謝料を請求したいという方は、しっかりと証拠を集める必要があるという事もお分かり頂けましたか?

実際に慰謝料請求を考えている場合には、事前に証拠集めなどを慎重に行う必要があります。探偵に依頼するも良し、自分で探すもよし。しかし、自分の勘違いかもしれませんので、相手のプライベートも尊重しつつ慎重に浮気について考えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です